日常のあれこれ

どんぐり倶楽部と子育て

20年ほど前に初めて訪れた時、発展途上国だな〜裸足でウロウロしてる子どもが多いな〜
野良犬が多いな〜という印象でした。

今は子どもがいない。政府による無償教育が始まったらしい。高速道路が!地下鉄が!
ショッピングモールが!エアコン付きのピカピカのトヨタ製のタクシーが!

日本企業がぜーんぶ作ってました。泰国の人はホントに日本を崇拝している感じがした。
親日なのは分かってたけど、ますます憧れられてる気がする。

夫だけだとカタコトの英語で何かを売りつけようとする人達も、私が出ると何語を話して
いいか分からずひるんでます。(笑)

バンコクもプーケットも中国人観光客でいっぱい。ちょこちょこ欧米人と韓国人のツアー客。
日本人は見当たらない。バンコク行きはサラリーマン風の人でいっぱいだったのに。

バンコクの日本人学校は生徒数最大なんですって。それだけ日本企業が入っていて、駐在員
とその家族も来ているということなんでしょう。

今回の最大の目的は、20年来の友人に会うことでした。彼女とは留学時代に知り合い、今は
ギリシャ人の夫とバンコク大学(多分、ここの東大)で大学教授をしています。

彼女と出会って、それから夫と出会った。同じ時期に会ったこの二人が、私の人生を大きく
変えるキッカケになったんだと思うと感慨深い。

彼女は生粋のタイ人です。でも、高校時代にイギリスの居たとかで出会った時はすでに英語が
上手でした。相手が誰であろうと堂々としていて、タイ人の友達も多くて、日本人の私をすごく
助けてくれました。

本当の国際人とは、母国の人間はもちろん相手が何人であろうと何語を話そうと、交流できる。
私は彼女からそれを学びました。学べて良かったです。


スポンサーサイト
このページのトップへ
近所の方々に、まるで身内のように良くして頂いてます。こちらは何も出来なくて申し訳ない
気持ちもありますが、子ども達が喜んでるのが何よりだから。mgさんのお子さんはいい子だ
から〜と言って下さいます。

誰とでも楽しく遊べる子どもにしたい。そう思って今も毎日奮闘中ですが、少しずつ実ってい
る気がしています。

日本で出来たママ友に、学校での手続きを全てしてもらいました。うちの事情は全て打ち明け
ました。快く引き受けて下さいました。

実の家族にはあまり恵まれなかったけれど、友人には恵まれています。私はホントに運がいい。

息子は英語を忘れつつあります。娘はやはり英語の方がラクみたいだけど、日本語オンリーで
もそこまでストレスを感じなくなったようです。今までは英語を聞かないと発狂しそうな勢い
だったから。

夫とのテレビ電話が息抜きみたい。将来、夫に似た男性と結婚するのは間違いない。

たまたま神戸市がそうなだけかもしれないけど、音楽教育が充実していて子ども達はビックリ
しています。

昨日、アメリカ人ママ友からメールがあって、ユタ州に引っ越すことになったから学校には
戻らないと連絡がありました。見慣れた顔がキャンパスから消えるのは寂しいです。

今朝、お風呂場の窓際でカタツムリの赤ちゃんを見ました。とても気持ちがほっこりして、
頑張ろうって思えた。

もうすぐ夫が日本に来ます。東南アジアを回って、アメリカに戻る予定。あと一踏ん張り、
笑顔で乗り切りたいです。

このページのトップへ
今回は珍しく、子ども達の担任はどちらも男性。息子の先生は、もしかしてまだ20代?と思うほど
若い。娘の先生は多分私と同世代くらいのベテラン。でも、偉ぶってなくて好感が持てる。

うちの子達はすっかり地元に馴染んでいて、その馴染みっぷりに先生達も驚いていた。こうやって
帰省するのはもう5年目だもん。

英語も日本語も全く大丈夫なんですね〜と聞かれ、いえいえ日本語はやはり分かってないときも
ありますよと伝えた。実際そうなんだけど、流すのが上手いんだよね。

あっちの地元の日本語フリーペーパーで日本語補習校について特集が組まれて、それを読んで
もらった。娘の担任は面白い人で、全く違う記事のところに食いついてたけど。

記事を読んで、私たちの普段の生活を少しでも知ってもらえるかなと思ったから。

子ども達は毎日タラコを食べていて、それが嬉しいらしい。私も毎日、魚介類が食べられて幸せ。

このページのトップへ
夫と久しぶりに歴史に残る大ゲンカをしました。いつも原因は些細なことだけど、
子ども絡みがほとんどだな。

娘は私のせいだって落ち込んでて、それは親として反省。いやいや、あんたのせい
じゃないよ、と説明はしたけど分かってないかも。

3日くらい話し合って、やっと終了。丸3日話したわけじゃなく、話し合う時間が
なかなか取れなくて、終了するまで3日かかった。

早く日本に帰って、美味しいものを食べてお風呂に浸かって、嫌なことを忘れたい。
このページのトップへ
実は教師が天職だった?!と思うほど、楽しく中2を教えています。多分、生徒に恵まれたのも
あると思う。

みんなイイ子なのよ〜。そんでもって、英語圏に住んでる日本人仲間っていう感覚がお互いにあって、
それがプラスに働いている気がする。

中2は子どもの終わり時代。大人の始まる時代。だから、それなりに礼儀と尊敬を持って、相手も
1人の人間なんだと思って、丁寧に接しています。

子ども扱いしないようにと思っているけど、授業参観の時は可愛すぎてからかってしまった。

みんなが楽しいと思ってくれる授業を作りたい!と毎日頑張って準備しています。子どもって素晴らしい
ですね。

このページのトップへ

FC2Ad

Information

mg8812
  • Author: mg8812
  • 米国で主婦をしています

Search

Calendar

06 « 2017/07 » 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -