日常のあれこれ

海外で子育て

近所に行きつけの台湾料理店があります。うちの家族はタピオカドリンクが大好きなので、時々そこでタピオカドリンクといかリングを注文します。タピオカドリンクといかリングが食べたくなるアメリカ人ってあんまり居ないだろう〜と思いつつ、家族の喜ぶ顔が見たくて買いに行きます。

うちが注文するものは決まっているので、ネットでオーダーすると店の人が「久しぶり〜」と声を掛けてくれます。うちの注文だってすぐ分かるそうです。娘はアズキ味。息子はチョコレート味。いかリング。が絶対だから。

アズキとチョコは見た目全く一緒です。色も一緒だし。だけどこだわるうちの子達を店の人は面白がっています。いかリングは単に私の好物なのに、いつの間にか子ども達に取られるようになってしまい、そしてうちの子達の好物になってしまいました。

店の人に「最近どう?」と聞かれ、結構忙しくしていると答えました。平日は朝の7時半からネット授業への参加と教えるのもちょっとある。割と気が抜けません。それに、以前教育実習に行った高校のオンライン教材を作っているのです。私の指導教師だった方から、一人では無理だから手伝って欲しいとお願いされて。

指導教師さんは私と同世代だけど、20年くらい教員だけをやってきたという人です。今回こんな事になってしまって、今まで紙と鉛筆でやってきた事を全てオンラインで行えと言われ、多くの先生達がパニックに陥っています。私は教員とはいえ、サラリーマンを10年してきてイヤというほどコンピュータで仕事してきたので、苦ではないのです。

とは言え、今まで紙面でしかなかった教材を全部手作りでデータ化するのは、気の遠くなるような作業です。こりゃ〜私に泣きついてくるのも分かるわ、と複雑な気持ちで取り組んでいます。あまりの量と手間の多さに、引き受けたことを後悔しています。少しはお金を頂いているものの、雀の涙というか子どものお小遣い以下の金額。夫に鼻で笑われました。その値段でこの量って、オレなら断る!だって。

私がお人好しすぎるのかな。これが出来るのは、私しかいない気がしてしまって。他にも出来る人はいるけれど、私以上に出来る人はそんなに居ないと思う。そもそも、この値段で引き受けるバカはいないか…。

とにかく、台湾料理店の人に「どう?」と聞かれて、色んな思いが一瞬よぎって「忙しいんだよね〜教えてるのもあるし…」とぼやくと、忙しいのは実は良い事だと言われました。この忙しさは良い事なのか?!

現在作っている教材は9月15日分なので、もう9月に入ってしまった…ヒ〜!と締め切りに追われる漫画家(?)のような気持ちで取り組んでいます。本当に、オンラインで漫画作ってるようなものなのです。教材にある会話文は、人物像のイラストを見つけてきて、吹き出し作って、そこに日本語とローマ字読みと英語訳を書く。英語訳はアニメーションを付けて隠す。日本語は大き目に色を変える。こっちの高校のニホンゴ授業教材なので。

コロナで時間が出来たって人が羨ましいほど、今の私は時間が欲しい。それでもこうやってココで書くのは、たまに現実逃避をしたいからです。明日からまた頑張ろう。
Top of page
上司が組んでくれたスケジュールに沿って、オンラインで教え始めました。難しいけれど、結構楽しい。仕事に支えてもらっているのを感じています。ツラい時期もあったけど、資格を取って働き始めたのは大正解です。

同僚が妊娠していて、予定日はもう2週間後に迫りました。妊娠している友人へのギフトは決まっています。それは、フード付きタオル。普通のバスタオルに、同じ色の小さいタオルをくっ付けて縫うのです。

縫いながら、自分の子供が赤ちゃんだった頃を思い出してしまった。最近無性に、小さい頃の子供たちに会いたいのです。

二人は喧嘩するものの仲良しで、今でも一緒の部屋で寝ています。夜はお喋りをしている様子。その仲間に入りたくて、アレコレしているのだけど、いつも追い出される。つい数年前まで、ママと一緒に寝たいと言っていたのに。「キモい」とまで言われる始末。

子育てがキツかった時は、早くラクさせてくれ〜と思ったものだけど。今はもうちょっと構わせて〜と思う。人間って、勝手な生き物ですね。子ども達が一番可愛い時にガッツリ関われたのは、私の中で財産です。

最近のここは余りにも殺伐としたニュースが多すぎるので、SNS等でイヤでも入ってくるヘッドラインニュースを日本のみに設定しました。そっちの方が和める。いや…そうでもないかな。でも、今のこっちよりマシ。子ども達が赤ちゃんの頃は、全くニュースとか見ないで子ども番組ばかり見て、頭の中は花畑だったな〜と思い出しました。
Top of page
こっちではダイトーリョーセンキョが今年はあるので、色んな意見を目にします。私はインディペンデントと言って、どちらにも属さないことにしています。実際はかなり左寄りなのですが、隠しておかないと色々ややこしいのです。

本当は左寄りだけど、隠しているので右寄りの人の気持ちもちょっと分かるようになってきました。まず、自分と考えが違うと怒る方は左寄りの人が多いです。右寄りの人は多分、怒っていても隠すのが上手な人が多い印象。私の周りに限ってなので、もちろん、違う人もいるでしょう。

どっちにするか分からないと曖昧な返事をする私に、あからさまに嫌な顔をする人。攻撃してくる人。信じられない!と罵倒してくる人。左寄りの人に多いです。若い人が多いせいかもしれません。この反応で、右寄りの人達の気持ちがちょっと分かるな〜と思うのです。分からないと言っているだけなのに、頭ごなしに否定されたら、当然反発したくなる。

虎ちゃんが生まれてしまった背景がなんとなく理解できているのであります。それは、一部のハクジンさん達の怒りなのです。大学院時代に出会った巨漢デブで日本アニメオタクのD君。最初はもちろん、みんなから敬遠されていましたが、私が話しかけたり隣に座ったり色々したので、心を開いてくれました。彼はもちろん虎ちゃんファン。

正しいか正しくないかではなく、自分の心に寄り添った言葉をくれるかどうか。それに尽きると思います。虎ちゃんのジコチュー発言、あからさまなジンシュサベツと贔屓、女性と非ハクジンへの蔑視。これは、今でもフツーにあることです。でもそれは「正しくない」とされている。だから言えない。だけど、言ってくれる人が現れた。

夫曰く、ここで政治と宗教の話は家族以外で絶対にしちゃダメと言ってます。それが一番と私も思い始めています。

Top of page
コロナで日々の過ごし方がすっかり変わってしまったけれど、我が家的にはいい事が色々あります。まず、家族で日本のドラマを一緒に観られるようになった。そういう時間が出来た。娘がヴィオラを弾くことに夢中なので、のだめカンタービレを皆んなで観るようになったら、一番ハマったのは夫でした。

指揮者の役割がこんなに重大だとは知らなかったそうな。プロの演奏家のストイックさとか。オーケストラは団体スポーツ並みの過酷な練習で、お互いが常にライバルでもあることとか。夫は全て知らんかった〜と仰け反ってます。

音楽専攻の学生や、クラシック音楽に真っしぐらのプロの演奏家などが沢山出るのに、お笑い要素いっぱいなのがいい。みんな人間で、恋したり傷ついたり落ち込んだり喜んだり。どんなにスゴい才能があろうとも、みんな人間。練習しなかったり、私生活に問題があると、すぐ音にそれが出ちゃったり。

のだめを一緒に見られるようになったのが、一番幸せな出来事です。 Top of page
ここ最近、仏在住のツジさんという作家さんのツイッターにハマっています。正直、彼の作品は高校時代に一つか二つ読んだっきり。あまりにも昔で内容は覚えていない。彼については作家としてより、華やかなケッコンリコン歴の方で存じ上げていました。

そんな彼が実はブログをしているなんて露知らず。友人の勧めで読み始めたら、すっかりファンになりました。海外生活ならではの苦労話や、自分とはまるで違う環境・言葉・文化で育ってゆく自分の子どもとのやり取り、不安、迷いなどなど、読んでいて身につまされます。

でも、一番ハマっちゃったのはレシピブログの方。欧米でも手に入りやすい材料で、量的にも多すぎず少なすぎず丁度いい。そんなレシピをたくさん紹介してくれているので、すでに幾つか作っていてウチの定番になりつつあるものもあります。一番気に入っているのはケーキ。子ども達とも何度か作っています。

スポンジケーキに生クリームと果物をのせるだけのシンプルなケーキ。ツジさんのケーキ、とウチでは呼ばれています。ツジさんご本人が豪語する通り、甘さ控えめで幾らでも食べられそうなケーキ。夫と娘がとても気に入って、この夏何度も作っています。ウチの人たちはメロンを挟んで食べるのが好き。

本人にその気があれば、また結婚して幸せになって欲しいと思うけれど、こればっかりは縁もあるからね。こっちにいる友人でも、心配になるほど一生懸命働くし、親切だし、料理上手だし、なぜリコンしてしまったのだろう思える人は沢山います。ケッコンというのは難しいというより、不思議な縁が続いていくかどうかですよね。

ツジさん、幸せになってね。
Top of page

Information

mg8812
  • Author: mg8812
  • とある国に住んで19年目。

Search

Calendar

08 « 2020/09 » 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -